邪悪になるなかれ

発達障害者から見える定型発達者はとても邪悪な存在だ。 インターネットで発達障害者の言葉を見ると、 誰もがそう思うようだ。 これは不思議な事だ。 社会に適応するにあたり、 邪悪さを身に着けたほうがいいのではないか、 と思うことは多々あるけれども、 …

完了の動作をする

ADHD者の必須ツールとしてよく言われるリマインダーだが、 うまく使えていなかった。 指定の時間に通知が出るまではいいんだけど、 それを無視してしまう。 先延ばし傾向が強いのだと思う。 で、いままでGoogle keepでリマインドをやってたのだけど、 iosの…

妥協してない(ことにする)

生活の中に一切妥協はなく、 全て確信を持って選択している、 と思い込むことにしてみた。 そのほうが幸せに過ごせる。 自己実現の形として、「妥協せずストイックに物事に取り組む自分」というものがあるのだと思う。 妥協していない自分に気持ちよくなれる…

駄目なものを駄目と言う環境

この間、クオリティの高い演劇を見る機会があった。 小さいチームだけど、一人一人のクオリティが非常に高いと感じた。 こういうものって、 チーム内で駄目と言い合う環境がないとできないよな、と感じた。 個人でレベルを高めていくのも、ある程度はできる…

計画する

未来の自分の動きを予想することである。 未来の自分の動きを策定することではない。 その場の衝動で何をしだすかわからない自分の動きを、事前に予想しておく。 それによって、未来に起こる問題を事前に察知する。 経験が少し先の未来を教えてくれる。 計画…

趣味開発する

ひさしぶりにプライベートでそこそこの規模のものを作ることにした。 ここのところ、ごく小さいものを除いては、 プライベートで開発をやることってなかった。 本当にどこからもお金をもらう予定なく、 純粋に趣味としてプロダクトを作るのはたぶん2年ぶりく…

適度に散漫にする

注意力散漫なので、一つのものに完全に集中して、 他のものに気を取られない環境を作ることが理想と思っていたが、 そうでもないかもしれない。 この間、気づいたのは、 作業中に音楽がかかっているほうが効率が良いときがある。 頭の中で忙しなくくっちゃべ…

完了させる

ADHDにとって最も難しいことだし、 最も大切なことだと思う。 特に、3つ以上手順があるものを完了させるのは難しい。 なんとか手を付けられたとしても、 2つ目の手順に入る前に何かに気を取られてしまうかもしれない。 だから、手順を1つにする方法を常に考…

エンジニアのための時間管理術を読んだ

素晴らしい本だと感じた。 原題は「Time Management for System Administrators」なので、 シスアド向けの本らしい。 会社での自分の職能はシスアドではないのだけど、 やっていることはある意味、システム管理者に近いのかもしれない。 8章の「優先順位」に…

錆びついていた

しばらくコードを書く仕事をしていなくて、 昨日、3週間ぶりくらいにまじめにコードを書いたのだけど、 全然書けなくなっていてびっくりした。 しばらく楽器を弾いてなくて、久しぶりに弾いたときの感覚に近い。 日常的に腕を動かしていないと錆びついてしま…

Gmailのデスクトップ通知をやめた

前から邪魔だと思っていた。 だいぶ快適になった。 受信した瞬間に気づかないといけないメールがあると思っていたが、 意外とない。 誰も送った瞬間に読まれると思ってメールを送っていないし、 「メール見逃していました」は言い訳としてけっこう通じてしま…

ADHD的タスク管理法

タスク管理のことは常に考えている。 管理せず、なんとなくいい感じにこなすのは不可能なので、 手法を限界まで洗練させるしかない。 それでもうまくいかず大量に怒られ発生しているのだが、 なんとなくしっくりきはじめた感もあり、最近のやり方をまとめて…

Google Keep

Google Keepを使い始めた。 思いついたことや、欲しいものや、日常のToDoを全部これに入れる。 昔はEvernote、最近はwri.peでこの手のことをやっていたが、 付箋風のUIに一目惚れして移管した。 Google Keep、昔、誰かに最高だと勧められた気がする。 当時は…

洗濯毎日できてない

洗濯毎日するとは言ったものの、 全然できていない。 最近忙しいというのもあるけど、 やっぱ面倒くさくてしょうがない。 洗濯機を回すのは、わりとできる。 干すところが問題だ。

よくPythonを書くようになった

仕事ではWindowsを使っていて、 仕事を自動化する上でがんばってPowerShellScript書いてたんだけど、 どうも手に馴染まない。 結局、ほとんどPythonで書くようになった。 なぜPythonかというと、 先人たちの努力により、 使用しても社内のセキュリティ規定に…

好きだけど耐えられないドンキ

ドンキの雑多さ、すごく好きで、 思えばこれまでも雑多なものがとても好きだった。 自分の散らかった頭の中を表しているようで。 だけど、同時に、雑多にたくさんの刺激がある場所がすごく苦手だ。 雑多にするくせに雑多な状態が苦手というのがADHDの難儀な…

単純作業ができない

最近、単純作業を求められる仕事をしていて、 これがもう、全然できない。 単純作業の場面と単純作業でない場面で評価が違いすぎる。 単純作業でないものを嫌がる人もいるわけで、 単純作業は別の人に回したほうが組織として良いんじゃないかと思い始めてい…

週に1つものを作る

週に一つは何かものを作るというルールを課している。 作るものというのはなんでもよくて、 とにかく頭の中にある何かを具現化するということをやる。 この手のルールを作った時によくはまるパターンが、 達成できなくて自分を責めるループに入ること、 達成…

立ち止まる

完全休養日を月に一日くらい作るなんてことをやってるけど、 そこまでかっちりやらないにしても、 立ち止まるべき時に立ち止まらなければならない。 無駄な多い生活をしていて、 頭の中はとてもざわついていて、 油断するとオーバーヒートしそうになる。 適…

Trelloでタスク管理をし始めた

最近、仕事のタスク管理をGoogle TaskからTrelloに移行した。 「今日」「近日」「そのうち」 という3つのリストを使って運用してて、 基本的には、「今日」リストに入っているものを上からこなしていくという流れだったが、 Google Tasksはリストの移動に3ス…

洗濯毎日する

洗濯を毎日するようにした。 以前はためておいて週末にやる派だった。 毎日するようにしたと言いつつ、 実際、毎日はできてないのだけど、 小刻みにやるようにして、だいぶ心理的負担が改善した。 ためておくと干すのに1時間ぐらい費やしてしまったり、 2回…

単純作業ができないという優位性

ADHDの特性として、事務作業・単純作業が絶望的にできない。 全く集中できないし、通常では有り得ないミスをする。 通常はこういう特性は無能とみなされるのだけど、 IT技術者としての一部の側面においてだけ、 この特性による優位性があると感じている。 で…

向上心を持つ良さ

今日、統計の話をした。 他に新しい何かを勉強している人が社内にいると思ってなかったので、 嬉しかった。 向上心を持つことは変化を起こすことにつながるので、 疎まれがちだが、 それを否定しない場があったり、 勉強する時間をとれる環境があるというの…

マウスが早すぎる

ポインタのスピード、早ければ早いほど良いと思っていて、 MAXにしていたのだけど、 最近、色んな人に自分のPCを触らせる機会があって、 皆から「早すぎて使えない」と言われた。 「早すぎる」という考え方があること自体に驚きながらも、 誤クリックが多い…

つまらないことできない

つまらないことができない。 ADHD傾向が関係していると思う。 何よりも着手することが難しい。 瞑想はつまらないことに着手する上で必須スキルだと思う。 まず、頭の中で喋りまくってるあいつを黙らせないと つまらないことなんてとてもできない。 着手でき…

粗製乱造

ちゃんと整理したり、じっくり書くことが大事なこともあるけど、 こういうところに書くような軽い文章は粗製乱造でいいんじゃないだろうか。 言語化することが大切であると思う。

買ってまで苦労をすべきか

「買ってでも苦労をすべきだ」と言う人はたくさんいる。 実際、やばい状態になったことがある人ほど危機対処能力は高い気がする。 だからと言って、例えば教育の段階であえてやばい状態に追い込む必要があるかというと、 そんなことはないように思う。 あん…

メールの返し方

ADHD傾向が強いので、メールの運用の仕方にはかなり悩む。 目にした瞬間、全てが吹き飛んでそのことばかりになってしまう。 今、それを考える時ではないと思いつつも、頭の中にそれが残ってしまって、 やっていたことに集中できなくなってしまう。 最近は「…

人と関係なく社会で暮らすのは難しい

できれば、人に左右されることなく暮らしたい。 人に評価されるためとか、人から怒られないために何かをするのが嫌だ。 だけど、それは難しい。 社会で暮らすにはアイデンティティが必要だし、 社会的欲求を完全に捨てることも自分にはできないと気づく。 プ…

人情派の人との仕事

実利より感情優先、 結果より面子優先、 礼儀を重んじて、 変化を好まず予定調和を好むタイプの人がいる。 人情派の人と呼んでいるのだが、このタイプの人と仕事をするのがとても苦手だ。 とにかく、価値観が全くの逆なので、ふとしたことで逆鱗に触れてしま…