相対的にしか考えられない

相対的にしか物事を認識できない。
人間の頭ってそうなっていると思う。

食べるものがない、みたいな死に直結する状況は絶対的な不幸と言えるかもしれないけど、
食べるものも寝るところもあるから幸せです、と思えるかというと、必ずしもそうではない。
でも、食べるものがなくて死にかけた人からすれば、
食べ物の心配をしなくていい、ということを幸せに感じたりもする。

底の経験がどんなものかというのが大切で、
それと現在との比較で幸福感を決める部分はあるし、
「苦労しろ」という人の言いたいことはそういうことだろう。(そうじゃない人もいそうだけど。)

幸福感みたいなものだけでなく、どんなものでも、
他のものとの比較というものさしがなければ理解は難しい。
例えば自分は水泳に全く興味が無いので、
「50メートル背泳ぎを24秒」という人がいたとして、すごいかどうかわからない。
世界記録なんだけど。
「世界一速いです」とか、そういう周りとの比較を示してくれないと、理解ができない。