添付ファイルのパスワード

最近、よくメールのやり取りをする相手が、
添付ファイルにパスワードを自動でつけて、
自動で後からそのパスワードを送ってくる系の仕組みを使っている。

この仕組み、かなり最悪と思っていて、
添付ファイルのパスワードに意味があるとすれば、
添付ファイルを送った後、パスワードを送る間に送り間違いに気づけるということだ。
勝手に送られてしまったらそのメリットさえなくなってしまう。
(この手の仕組み使ったことないので、
何か気付かせるような1ステップがあるのかもしれない。
そうだったらすいませんと言うしかない。)

かといって、手動でパスワード送れば大丈夫とも思えず、
だいたいは送り間違いに気づかずそのままパスワード送ってしまうだろう。

現実的には、プロジェクト内でパスワード決めておいて、
みんなそれで送る、通知とかは特にしないっていう運用かなと思う。

ネットで見ると、パスワードは電話で通知ってよく書いてあって、
現実にそのパターンに当たったことはないのだけど、
たぶん厳しいだろうなと思う。
パスワード忘れたら電話で聞き直すの?ってなるし、
メーリスに送ったら全員に電話するの?ってなる。

だいたい添付ファイルのパスワードなんて本気でセキュリティ的に考えたらダメに決まっていて、
電話に出るとき思ってなくても「お電話ありがとうございます」と言うような、
ビジネスマナー的側面が大きいのだと思っている。

とはいえ、実際メールを送り間違えることはあるし、
間違いメールを受け取った人がブルートフォースで本気でこじあけてくるってことはそんなにないだろう。
(俺はたぶんやる。)

メールはやっぱり使いたいし、本気でセキュリティ考えるでもなく、
かといって意義を崩壊させる謎システム入れるでもなく、
ちょうどいい落とし所を考えて、落ち着ければ良いと思う。