単純作業ができないという優位性

ADHDの特性として、事務作業・単純作業が絶望的にできない。
全く集中できないし、通常では有り得ないミスをする。

通常はこういう特性は無能とみなされるのだけど、
IT技術者としての一部の側面においてだけ、
この特性による優位性があると感じている。

できないから、自動化するしかない。
これがIT技術者としての優位性につながっている。

自動化することで回を重ねるごとに結果的に仕事が早くなるし、
普段の業務を自動化する過程が技術力向上に役立っている。

定型発達の人から仕事の引き継ぎを受けると衝撃を受ける。
これほど複雑な作業をミスなく定期的にできるなんて、
バケモノか、と思う。
でも、だからこそ、彼らは業務を自動化する必要がないし、
その技術を身につけることもないのだと思う。