エンジニアのための時間管理術を読んだ

素晴らしい本だと感じた。

原題は「Time Management for System Administrators」なので、
シスアド向けの本らしい。

会社での自分の職能はシスアドではないのだけど、
やっていることはある意味、システム管理者に近いのかもしれない。

8章の「優先順位」に以下の一節がある。

上司から何かを頼まれた場合、それが(大きなプロジェクトではなく)すぐに済む 作業であれば、直ちに取りかかってください。
(中略)
なぜこのことが重要なのでしょうか。あなたの次の給与査定をするのは上司です。 これ以上何か言う必要があるでしょうか。

これだけで名著だと思う。
ADHDにとってタスク管理は、現実の、とてもシビアで難しい問題である。
筆者の試行錯誤に裏打ちされた、リアリティと説得力のある良い本だと思う。