瞑想する

最近、リファクタリングウェットウェアを読んでいる。
最近は当たりと思える本が連続しているのでうれしい。

自分の脳の感じを振り返ると、言うまでもなく最悪のごちゃごちゃで、
有効に使う以前の問題だ。

で、まともに物事に取り組むための必須技術が、瞑想だ。
瞑想はいろいろな理論があるが、要点は、腹式呼吸をすることと、
思考を止めるということだ。
思考のプロセスが何十も同時に動いていることの認識と、
それを一つ一つkillしていく感覚を身につけることが
ADHD者が物事に取り組むにあたって必須である。

その手法にも学ぶものがあって、
マントラを唱えろとか、そうでない流派でも呼吸に集中しろとか言われるのだけど、
要するに、思考を止めろと言いつつも、完全に思考をなくすのは不可能なのである。
必ず一つくらいは思考が残る。
瞑想状態ですらそうなのだから、
集中して作業するときも一つくらい関係ない思考のプロセスが動いてしまうもので、
自分の場合は明確に言語的に考えているので、
その思考の声が聞こえないようなある程度雑音がある空間のほうが
全く静かな空間より集中できたりする。

で、たぶん腹式呼吸をして思考を止めるということ以外は必須でなくて、
静かな部屋で座禅を組んでやれとか言われるけど、
別に会社のデスクでも電車の中でもまあできる。
(慣れてないと難しいのと、自分のレベルではそういう環境でまじの瞑想状態に入るのは厳しいけど、
まあ仕事とか日常で必要な集中力を手に入れるために思考を振り払うレベルなら十分できる。)

あと、寝たらダメだとよく言われるけど、
寝てもいいというか、寝ちゃったもんはしょうがなくねと思う。
瞑想しようとして寝ちゃう感じを意図的に再現できるようになると
仮眠の質がめちゃくちゃ向上するので、
瞑想としてはだめかもしれないけど、スキルとして身につけといていいように思う。
このパターンはまどろみつつ夢をひたすらkillすることになる(そして途中で意識を失う)のだけど、
仮眠としての満足度は高くて、不思議と頭がクリアになる。
で、わりと早いうちに集中力がなくなるので、
そうなったらまた真面目に瞑想やり直せばいい。