休日の過ごし方

疲れてくると、休日を作る。  

その日は、17時まで、極力なにもしない。  

具体的には、

 

* 仕事をしない

* 家事をしない

* 人に会わない

* 買い物をしない

* 食事を摂らない

* 活字を読まない

* 画面を見ない

 

くらいの縛りをする。  

できるだけ何もせず、一人でぼーっとしている。  

ものすごい量の考え事が頭を流れていく。  

やりたいこと、やらないといけないことが次々と浮かんでくる。  

でも、何もしない。何もしないことに罪悪感や焦燥感も持たないようにする。  

そうやってだいたい午前はずっとまどろんでいる。  

 

そのうち何となく体が動かせるようになり、散歩に出たりする。  

(何もしないようにしているのに、散歩はしてもいいのだ。いい加減なことだ。

でも日を浴びることは重要な気がする。 )  

そこでもいろんな考え事が頭を流れていく。そのうち家に帰る。  

 

そうやってずっと何もせずにいると、そのうち暇だという感覚が出てくる。  

これが回復の兆しだと思っている。  

 

やる気なんてものは本当はなく、手をつければやる気は出てくるのだなんて話があり、  

それは本当に正しいと思う。  

でも、それはそれとして、気力みたいのが実際にあって、  

それは何もしないことでしか回復しないと感じる。  

暇だ、という感覚が人を動かす気力になっている。  

やりたいこともやらないといけないことも沢山あるから、気づいたら暇だという感覚を失ってしまって、疲れきってしまうことがあって、  

そういうときは暇にならないといけないのだと思う。

 

17時が近づくにつれて、だんだんその時間が待ち遠しくなってくる。  

食事も摂らないからお腹も空いてくる。  

座禅を組んで、思考を止めて時間を待ったりする。  

こういう感覚になってくると、気力が回復している。

 

17時になったら、まずは食事を摂る。  

いきなりがっつり食べられないので、ヨーグルトとか、そういう固形でないもので胃を慣らしていく。  

その後は、やりたいことはたくさんあるのだけど、家事を進めていたら1日が終わったりする。

 

夜以外に予定を入れなければいいだけなので、週一くらいできそうな気がするのだけど、   

意外とできなくて月一くらいになっている。  

やりたいことに対して実際にやれることの量って意外なほど少なくて、  

効率的に効率的になどと考えてしまうけど、物事をやるための気力を養うことは大事にしたい。